高田ほのか Official Website

  • facebook
  • instagram
  • アメーバブログ

関西大学で短歌講座をさせていただきました

先日、関西大学の西村成弘先生が受けもつ、基礎演習で短歌講座を2回させていただきました。

大阪経済大学に続き、出席した学生さん全員が「祭」短歌を詠んでくれました!
短歌を学ぶために大学来てるんじゃねーよ、なはずなのに、皆さん一所懸命5、7、5、7、7...と指折り数えてくれる姿に感動☆°:.。.:*・

これが最後のとなる「祭」短歌の募集、締切りまであと4日です!
毎日新聞にも掲載していただきました。
よろしければ令和最初で最後の記念に、ぜひ一首ご投稿ください^ ^
http://tenjintanka.net/

https://ameblo.jp/honoka0730/entry-12488174117.html


西村先生からは、「短歌の実践を学生たちも楽しんでいたと思います。知らず知らずのうちに「ことば」の大切さが身につくとよいなあと思っております。
ひとつの言葉が多くの情報を背負っているという趣旨の高田さんのコメントにどきりとしました。そういうことをもっと学生たちに感じてほしいと思っております。
「まだ駆け出しの大学生である1回生に、向こう4年間、自主的にあるいは積極的に勉学に励むことができる姿勢を身につけさせる」のが基礎演習の目的です。そのためには、彼らがどんなことが好きか、あるいはできるのかを見てあげるのが大事なんだろうな、と思っています。
今回、2クラスの「短歌講座」に参加してみた感想は、「みんな、なかなかやりよるな」でした。
高田さんにはステキな授業を提供していただき、感謝感謝です。」というお言葉をいただきました。

後日、先生から聞いた学生さん達の感想は、授業もですが、まずなによりも高田先生が楽しかった、とのこと。
私の講座のモットーのひとつは「来たときより帰るときのほうが元気に。笑顔になってもらう」なので、とても嬉しく思いました。
が、私が楽しいとは...
どういう意味なのか気になるところです笑